若返り

主観的な表題のため、人によっては変化ない・年相応・年取ってる、いろいろ意見が分かれるとは思います。

あくまで私の主観で、あのまま生きていたら今はもっともっと老けていただろう…

また、今は昔に比べ若く生きていられるな…

​その実感の元、公開します。

 

29歳より観察スタート

34歳まで一方的に老けます。

29歳頃までは年相応か若く・幼くみられることが多かったです。

34歳までは何をするでもなく一方的に老けて続けます。

​冬に発売されるミルクシーフードヌードルを毎日2つとか食べてました。

 

34歳→36歳

やりすぎて僧侶くらい痩せた

ある時、太ったハゲが私の前を走り抜けました。

ハゲ治せん、デブはイカン!と思い、痩せることにしました。

方法と経過はこちら

鍼や灸で胃腸・肝臓などの反応を刺激し体調を整えたりしながら運動をして痩せていきました。

​ただ、ちょっと痩せることに意識を向けすぎて36歳当時は痩せすぎてしまい、断食をしたときは「ラマダン」というあだ名をつけられました。

 

36歳→39歳

太ったハゲは脱却したが…

これまた、たまたま私の目の前を痩せたハゲが走り抜けました。

ハゲはイカン!そう思い、ハゲに立ち向かうことにしました。

​(方法と経過はこちら

頭部や、やはり肝臓の反応に鍼灸での刺激を繰り返し

​また、この頃には痩せるより筋肉をつけようという方向で運動もしていたので、太る時期もあれば痩せる時期もあり、ただしみっともない太り方はしなくなりました。

 

39歳秋→40歳年明け頃

若作りしてみました。

この段の写真はギャグです。

若作りしたり、日焼けしたりしたらどれだけ印象を変えられるのか?面白半分で髪型・肌色・服装を変えてみました。34歳から比べると違う人みたいですよね。

実際には39歳の頃には20代の頃より全然動けるようになっています。

外見からも内面(エネルギー量)からも、昔より若く生きられている実感があります。

日ごろの運動のおかげもあるでしょうが、それが続くようメンテナンスとして鍼灸も陰から支えとして存在していると感じています。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2020 by 出張鍼灸ぜんい